Substance Designerで素材のつくり方(初級)

Substance Designerで素材のつくり方(初級)

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 500

Substance Designer 素材のつくり方(初級) ※更新※ 9/1 kindle版リリースしました。 pdfではなくkindleをお持ちの方はこちらからどうぞ https://www.amazon.co.jp/dp/B07H1KJ82C サブスタンスデザイナーのとっかかりである ノードベースで どんなノードがあるのか、 どういったものが作れるのか、 実際にテーマを決めて作成した素材もダウンロードできる ものになっております。 ※プロジェクトの作り方やノードの繋ぎ方 エディタの解説は今回解説には含まれませんので ご注意ください。 ■形式:PDF ページ数:51(+表紙) ※Substance Designer 2018.1.2 (※6/30の時点) ■内容 Chapter 1: Substance Designerとは・・? Chapter 2: 要素のつくり方 /ノードの解説※1  Chapter 3: 木目              Chapter 4: 木目のヒビ割れ         Chapter 5: 金属の錆            Chapter 6: コンクリート          Chapter 7: 布              Chapter 8: 紙               Chapter 9: 草葉っぱ           Chapter 10: ゲームエンジンで使う※2      Chapter X: お役立ちサイトなど       ※1 ノードの解説は以下のものです、 Blur、Transformation 2D、Levels 、Blend Warp、Emboss、Tile Sampler、splatter_circular ※アップデートで解説を追加しているノード Shape、Shape Mapper、Bevel、Edge Detect、Histogram Scan ※Chapter3~9までは.sbsファイルダウンロード可能です。 ※2 ゲームエンジンのほか MayaLTでのインポート手順、SDとHoudiniとの連携を 追記いたしました。 ■この書籍のターゲット ・サブスタンスデザイナーをなんとなく知ってる方 ・サブスタンスデザイナーに興味がある方 ・プロシージャルなテクスチャや素材が作りたい方 ・つべこべ言わず.sbsファイルが欲しい方   制作:ぽこぽん丸。 (@pokoponmaru) 表紙:KFNO(コフノ) (@kfno_)  ■更新履歴 Ver1.0:本書リリース Ver1.1:記載するノードを追加、MayaLTでの読み込み方法、Houdiniとの連携を追加  ※共有告知※ BOOTHにて MINOさん  「SubstanceDesigner触ってみないかい?」 https://mino8601.booth.pm/ PKYさん 「背景アーティストのためのSubstanceDesignerマテリアルデザイン入門」 https://booth.pm/ja/items/945107 と併せて読むと何倍も面白く SubstanceDesignerが触れると思います!是非どうぞ。

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパックで発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORYが製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

Substance Designer 素材のつくり方(初級) ※更新※ 9/1 kindle版リリースしました。 pdfではなくkindleをお持ちの方はこちらからどうぞ https://www.amazon.co.jp/dp/B07H1KJ82C サブスタンスデザイナーのとっかかりである ノードベースで どんなノードがあるのか、 どういったものが作れるのか、 実際にテーマを決めて作成した素材もダウンロードできる ものになっております。 ※プロジェクトの作り方やノードの繋ぎ方 エディタの解説は今回解説には含まれませんので ご注意ください。 ■形式:PDF ページ数:51(+表紙) ※Substance Designer 2018.1.2 (※6/30の時点) ■内容 Chapter 1: Substance Designerとは・・? Chapter 2: 要素のつくり方 /ノードの解説※1  Chapter 3: 木目              Chapter 4: 木目のヒビ割れ         Chapter 5: 金属の錆            Chapter 6: コンクリート          Chapter 7: 布              Chapter 8: 紙               Chapter 9: 草葉っぱ           Chapter 10: ゲームエンジンで使う※2      Chapter X: お役立ちサイトなど       ※1 ノードの解説は以下のものです、 Blur、Transformation 2D、Levels 、Blend Warp、Emboss、Tile Sampler、splatter_circular ※アップデートで解説を追加しているノード Shape、Shape Mapper、Bevel、Edge Detect、Histogram Scan ※Chapter3~9までは.sbsファイルダウンロード可能です。 ※2 ゲームエンジンのほか MayaLTでのインポート手順、SDとHoudiniとの連携を 追記いたしました。 ■この書籍のターゲット ・サブスタンスデザイナーをなんとなく知ってる方 ・サブスタンスデザイナーに興味がある方 ・プロシージャルなテクスチャや素材が作りたい方 ・つべこべ言わず.sbsファイルが欲しい方   制作:ぽこぽん丸。 (@pokoponmaru) 表紙:KFNO(コフノ) (@kfno_)  ■更新履歴 Ver1.0:本書リリース Ver1.1:記載するノードを追加、MayaLTでの読み込み方法、Houdiniとの連携を追加  ※共有告知※ BOOTHにて MINOさん  「SubstanceDesigner触ってみないかい?」 https://mino8601.booth.pm/ PKYさん 「背景アーティストのためのSubstanceDesignerマテリアルデザイン入門」 https://booth.pm/ja/items/945107 と併せて読むと何倍も面白く SubstanceDesignerが触れると思います!是非どうぞ。